2018年4月15日日曜日

高瀬川一之船入を行く

花冷えの
一之船入り、ひとり影

2018.4 京都 高瀬川一之船入

モンバルキャンソン 89×127 水彩&ボールペン


その日の夕暮れ、
京都市内にある夷川発電所から
高瀬川一之船入まで散策、
そしてちょこっとスケッチ



この景観、描ける気しなかった。
…あはははは

スケッチ場所はこのあたり…






夕暮れのキレイな陽射しの中、
さびれた公園のジャングルジムで
小さな子どもが遊び、
父親が相手をしていた。

チープな公園だけど、
子どもは楽しく遊んでいる。


そんな光景をみると、
成人した自分の息子たちが
幼かった頃のことを思い出し、
自分自身の
幼かった頃のことも思い出す。

ズボンの膝に
アトムのアップリケを貼り付けた、
自分の姿を思い出す。

母に手を引かれ
泣きながら歩いていた
小さな自分を思い出す。


自分の息子たちと
もっと遊んでやれば良かった。
母にもっと
何かできたはずなのに…

思い巡り巡って、
絵を描き続けることが
救いなのか…


ありゃ
私って情緒不安定かな?



…おしまい




ランキングにご協力お願いします
にほんブログ村 美術ブログへにほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへにほんブログ村 美術ブログ 風景画へ

0 件のコメント: